Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > APIC ガイドライン > 消毒 > 手洗いと手指消毒のためのガイドライン (1995)
Overseas
Guideline
APIC ガイドライン
1995/11/14

手洗いと手指消毒のためのガイドライン (1995)

Larson EL and the 1992, 1993, and 1994 APIC Guidelines Committee. APIC guideline for handwashing and hand antisepsis in health care settings. Am J Infect Control 1995;23:251-269.
http://www.apic.org/pdf/gdhandws.pdf
<注釈>

本ガイドラインは、CDCの手洗い・病院環境管理のためのガイドライン(1985)などを補追するものとして、手洗いの場面に応じた消毒薬の選択や使用法について記述しています。
通常の手洗いには消毒薬を含まない石けんを用い、侵襲的処置や手術の前、または持続的効果や手指常在菌の減少が望まれる場合には消毒薬を用いることなどが勧告されています。速乾性消毒薬は手に目に見える汚染がない場合に用いること、手袋をしていても手洗いは必要であること、ローションの使用法、消毒薬の保管法、ペーパータオルの使用なども述べられています。

Yoshida Pharmaceutical Co., Ltd. 2002.10.28

関連サイト