Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > CDC ガイドライン > 感染起因菌別対策 > バンコマイシン耐性の伝播防止のための勧告(1995)
Overseas
Guideline
CDC ガイドライン
1995/11/20

バンコマイシン耐性の伝播防止のための勧告(1995)

CDC: Recommendations for Preventing the Spread of Vancomycin Resistance. MMWR 1995;44(RR12):1-13.
ftp://ftp.cdc.gov/pub/Publications/mmwr/rr/rr4412.pdf
佐竹幸子、源河いくみ訳:バンコマイシン耐性菌の伝播防止のためのCDCガイドライン.メディカ出版、大阪、1997.
<注釈>

本ガイドラインは、1989年以来米国で問題化しているバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)に注目してバンコマイシン耐性の伝播防止のため出された勧告で、バンコマイシンの慎重投与、医療従事者の教育、バンコマイシン耐性の早期検出と報告、VREの伝播予防策などが述べられています。
これらの中でVRE伝播防止策は、1996年に制定された隔離予防策ガイドラインにおいて接触予防策として位置付けされました。接触予防策の考案において主な病院感染起因菌として想定されていたのはMRSAよりもむしろVREである思われます。

関連サイト