Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > CDC ガイドライン > 全般的対策 > 病院における隔離予防策のためのガイドライン(1996)
Overseas
Guideline
CDC ガイドライン
1996/11/20

病院における隔離予防策のためのガイドライン(1996)

Garner JS, Hospital Infection Control Practices Advisory Commitee, CDC: Guideline for isolation precautions in hospitals, 1996. Infect Control Hosp Epidemiol 1996;17:53-80, and Am J Infect Control 1996;24:24-52.
http://www.cdc.gov/ncidod/hip/isolat/isolat.htm
向野賢治訳、小林寛伊監訳:病院における隔離予防策のためのCDC最新ガイドライン.メディカ出版、大阪、1996.
<注釈>

本ガイドラインは、主にHBV・HIVなどの血液媒介病原体を対象とする普遍的予防策(ユニバーサル・プリコーション)や生体物質隔離(ボディー・サブスタンス・アイソレーション)を統合した標準予防策(スタンダード・プリコーション)の原則を示しており、また空気・飛沫・接触の感染経路別予防策を勧告し、手洗いから手袋、ガウン、環境、患者配置などにいたる基本的な予防策の包括的な体系を示したガイドラインです。

Yoshida Pharmaceutical Co., Ltd.

関連サイト