Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 山形大学医学部附属病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.1 No.1 January 1996

山形大学医学部附属病院

感染対策に活躍するICT

病気を治すために入った病院で、病気に感染する―院内感染。感染の原因は体内の細菌やウイルスだが、それらの菌は患者や医療従事者を介して、あるいは空気を介して運ばれる。感染防止を考えるとき、個人および院内環境の整備、対応が重要であるということはいうまでもない。そこで「消毒」にスポットを当て、各病院の取り組みを追ってみたい。
初回は山形大学医学部附属病院を訪れた。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.1 No.1 p4-6 January 1996

関連サイト