Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 名古屋市立東市民病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.1 No.2 May 1996

名古屋市立東市民病院

専門部会を中心に医療現場に即した針刺し事故予防対策を実施

法的権限を持つ形態で職員の安全管理を行う―。一般企業では当然とされるこの考え方を、針刺し事故対策のために国内の病院でいち早く導入したのが、名古屋市立東市民病院である。1993年4月、法的に認知された安全衛生委員会の付属組織として「誤刺事故対策専門部会」を設置。針刺し事故による院内感染は公務災害、という病院全体の確固たる認識のもとに構築された予防対策システムは「東市民方式」と呼ばれ、他の医療機関にも波及しつつある。

DATA
住所:愛知県名古屋市千種区若水
設立:1963年5月
病床数 :538床
診療科数:16科
医療従事者数:391名
誤刺事故対策専門部会委員長:木戸内清先生(第2小児科部長)

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.1 No.2 p4-6 May 1996

関連サイト