Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 横浜市北東部中核施設・横浜労災病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.1 No.4 December 1996

横浜市北東部中核施設・横浜労災病院

マニュアルは基本を簡単明快に―各病棟でのニーズを取り入れながらの院内感染対策

今回のINFORMATION WINDOWは平成3年に開院した横浜労災病院。開院と同時に作成された「院内感染対策マニュアル」は、改善を重ねて現在第2版が配布されている。その中心となったのが院内感染対策委員会だ。院内における微生物の感染を防止するため、そして職員の健康維持増進を二大目的として、ますます積極的な活動を推進している。

DATA
住所:横浜市港北区小机町3211
新横浜駅から徒歩10分の交通至便な地に平成3年6月に開院。明るい色やグリーンを取り入れたゆとりある設計が患者に好評
病床数 :650床
診療科数:22科
職員数 :719
院内感染対策委員長:若林芳久先生(輸血部部長)
I日の平均外来患者数は約2000人。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.1 No.4 p4-6 December 1996

関連サイト