Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 1997 > バンコマイシン感受性の低下した黄色ブドウ球菌-日本、1996年
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
1997/07/11

バンコマイシン感受性の低下した黄色ブドウ球菌-日本、1996年

CDC. MMWR July 11, 1997 / Vol. 46 / No. 27
Reduced Susceptibility of Staphylococcus aureus to Vancomycin — Japan, 1996 より第1段落邦訳
ftp://ftp.cdc.gov/pub/Publications/mmwr/wk/mm4627.pdf

黄色ブドウ球菌は一般人において多くの重篤な感染を引き起こしうる病源微生物である。バンコマイシン耐性腸球菌が認められて以来、黄色ブドウ球菌におけるバンコマイシン耐性の発現が予期されていた。本報は初めて報告されたバンコマイシン低感受性黄色ブドウ球菌による感染例とその分離菌の性状速報について記述する。本例は日本において一人の小児科患者に発生した。黄色ブドウ球菌におけるバンコマイシン感受性低下の発現により、今後完全な耐性を持ち現在供給されている抗菌薬がすべて無効である菌種が発生する可能性が一層高まったといえる。

(この記事は全訳が出版されています。吉田俊介・小林寛伊訳、「緊急速報 バンコマイシン低感受性黄色ブドウ球菌に関するCDC勧告」 インフェクション・コントロール、1997年10月25日号、81-88ページ)

<訳註>
バンコマイシン耐性の腸球菌は米国において大きな問題となっていました(カーライル Vol.1 No.1 p9 参照)。バンコマイシン耐性がMRSAにも発現し得るという科学的な懸念も多く表明され(カーライルVol.2No.1 p10参照)、予期的な予防ガイドラインまで提案されていました(カーライル Vol.1 No.3 p9 参照)。今回CDCは初めて公式にバンコマイシン低感受性の黄色ブドウ球菌の発見を認知し、それと同時に暫定的ガイドラインを発表しました。このガイドラインの要旨は本コーナーの1997.07.11bに掲載されています。
MMWR: 1997.07.11a / Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.03.01

関連サイト