Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 1998 > 欧州議会が伝染病ネットワークについて決定
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
1998/10/22

欧州議会が伝染病ネットワークについて決定

Eurosurveillance Weekly October 22, 1998 Week 43
European Parliament decides on a communicable disease networkの要旨

http://www.eurosurv.org/1998/981022.html
http://www.eurosurveillance.org/index-02.asp

9月24日、欧州議会は欧州委員会の援助のより、EC内における伝染病の予防と制御のための疫学調査と早期警戒応答システムのためのネットワークを設置することを決定した。この決定は1999年1月3日に発効する。

科学者たちが今後、CDCのような中央組織の欧州版を設置するのか、電子ネットワークによって仮想的な組織を設置するのか協議することになっている。欧州議会は中央組織を志向しているが、欧州委員会は各国の組織を母体にネットワーク化することを志向している。エイズ、結核、レジオネラなどに関する既存の欧州ネットワークは中央組織無しにうまく機能している。欧州議会の決定はこれまでの議論よりも先鋭的である。

<訳註>
中央組織化するか緩やかな連合組織とするかは欧州において常に政治的な議論を孕んでいます。いずれにせよ、欧州における組織化の進展が、感染対策の分野でも急速に進みつつあることが感じられます。
Eurosurveillance Weekly: 1998.10.22/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.10.24

関連サイト