Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染情報季刊誌より(Carlisle) > Review > 消毒薬 > その他 関連文献 > 抗菌カテーテルの使用による中心静脈カテーテル関連血流感染の予防-無作為、コントロール研究
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.3 No.1 Spring 1998

抗菌カテーテルの使用による中心静脈カテーテル関連血流感染の予防-無作為、コントロール研究

Maki,D.G.et al.
Prevention of Central Venous Catheter-Related Bloodstream Infection by Use of an Antiseptic-Impregnated Catheter.A Randomized,Controlled Trial.
Ann.Intern.Med.,127:257-266,1997.

カフなし中心静脈カテーテルの短期使用に関連する血流感染は一般的で深刻な問題である。このような感染のリスクを低減するためには、技術革新が必要である。

そこで以下のような目的で無作為ケース・コントロール研究を行った。すなわち、1)中心静脈カテーテル関連の感染の予防における新しい抗菌カテーテルの効果、2)このカテーテルの患者への影響、3)カフなし、マルチルーメンの中心静脈カテーテルに起因する血流感染の病原体を特定することを目的とした。

450床の大学病院のICUにおいて、中心静脈カテーテルを留置する予定の患者158名と403本のカテーテルを調べた。対象には、標準的なトリプルルーメンのポリウレタン製カテーテルか、あるいは標準的なカテーテルと外観上区別のつかないchlorhexidine-silver sulfadiazineを浸透させたカテーテルのどちらかを用いた。

カテーテル抜去時のコロナイゼーションとカテーテル関連血流感染について調べ、局所および全身的な効果について検討した。それぞれのカテーテル関連血流感染の病原体については、考えうるすべての部位(皮膚、カテーテルチップ、カテーテル分岐部、輸液製剤)を培養し、分離菌のDNAサブタイピングも行った。

結果は、カテーテル抜去時のコロナイゼーションは、抗菌カテーテルの方がコントロールの標準カテーテルよりも少なく〔13.5対24.1/100本;相対危険比,0.56(95%信頼区間0.36-0.89),p=0.005〕、血流感染の発生も約1/5〔1.0対4.7/100本,1.6対7.6/1000カテーテル日数;相対危険比,0.21(95%信頼区間0.03-0.95),p=0.03〕であった。標準カテーテルを使用した対照群においては、黄色ブドウ球菌、グラム陰性桿菌、腸球菌、カンジダによるカテーテル関連血流感染が8例あったが、抗菌カテーテル群では一例も発生しなかった(p=0.003)。

抗菌カテーテルの副作用は出現せず、また感染カテーテルから分離された122株のいずれにおいてもchlorhexidine-silver sulfadiazineに対する耐性はみられなかった。

費用対効果分析の結果では、施設のカフなし中心静脈カテーテル関連菌血症の発生率が3/1000カテーテル日数以上ある場合においては、抗菌カテーテルが費用対効果的であるということが示された。

chlorhexidine-silver sulfadiazineカテーテルは患者への悪影響がなく、カテーテル関連感染を低減し、カフなし中心静脈カテーテルの短期留置を適切安全に期間延長し、結果としてコストを節減することがわかった。

(訳:西岡みどり)

Carlisle Vol.3 No.1 p8-10 Spring 1998

関連サイト