Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1998 > クリプトスポリジウムの遺伝子型リファレンスサービス
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1998/09/11

クリプトスポリジウムの遺伝子型リファレンスサービス

PHLS. CDR Weekly September 11, 1998/Vol. 8/ No. 37
Genotyping reference service for Cryptosporidium parvum: request for faecal specimensの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR98/cdr3798.pdf

PHLSのFHL(食品衛生研究所)は最近、Cryptosporidium parvumに少なくとも2種類の遺伝子型が存在することを発見した。このうち、1型はヒトにのみ関連するが、2型はヒトおよび家畜に感染する。このことにより、これまでよりも前進した疫学的知見が得られるであろう。

FHLではクリプトスポリジウム症患者の便検体を喜んで受け取り、遺伝子型を報告する。

<訳註>
日本のおけるクリプトスポリジウム対策の情報は厚生省のホームページhttp://www1.mhlw.go.jp/houdou/0910/h1008-1.htmlが参考になります。
CDR Weekly:1998.09.11/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.09.12

関連サイト