Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1998 > HIV感染の職業上伝播
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1998/05/29

HIV感染の職業上伝播

HLS. CDR Weekly May 29, 1998/Vol. 8/ No. 22
Occupational transmission of HIV infectionの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR98/cdr2298.pdf
出版されてはいないが広く配布されている資料に、1984年以来1997年末までに報告されたHIV職業感染の例数が要約されている。それによると確認された例数(可能性としての例数)は、合衆国で52例(114例)、UKを除くヨーロッパ28例(56例)、UK4例(8例)、その他の国11例(13例)、合計95例(191例)である。可能性としての例数とは、大雑把には暴露事故の前にHIV陰性であることが確認されていない例のことである。確認された95例のうち、85例が刺し事故によるものであり、すべてを合計した286例のうち39%がナースおよび助産婦であり、16%が医師、13%が臨床検査従事者、3%が歯科医師および歯科従事者である。
CDR Weekly:1998.05.29/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.06.13

関連サイト

  • 吉田製薬
  • 吉田製薬 製品情報
  • 吉田製薬 Y's Homecare