Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1998 > MMR普及率に小さな減少傾向
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1998/09/04

MMR普及率に小さな減少傾向

PHLS. CDR Weekly August 21, 1998/Vol. 8/ No. 36 p317
Sentinel surveillance shows small decline in MMR coverageの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR98/cdr3698.pdf

MMRワクチンと自閉症、炎症性腸疾患の関連を根拠なく述べた新聞報道が1998年2月に英国において行われ、その後MMRワクチンに対する否定的な風評が発生した。その後の専門的なレビューや研究によって、そのような関連の証拠が無いことが示されている。

スコットランドにおける部分調査では、MMRワクチン接種を拒否または延期する親の割合が、4月には3%であったが、7月には7.5%に増加した。しかし、現在の普及率は85%と高率を保っている。

英国健康省他は今週、MMRワクチンに関する親のインフォームド・ディシジョンを支援するための新しいパンフレットとポスターを出版した。

<訳註>
日本においては、1989年にMMRの乳児全員接種政策が開始され、1993年に中止されています。
CDR Weekly:1998.09.04/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.09.12

関連サイト