Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1998 > イングランド・ウエールズにおける献血ウイルス感染調査 1997年
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1998/10/09

イングランド・ウエールズにおける献血ウイルス感染調査 1997年

PHLS. CDR Weekly October 9, 1998/Vol. 8/ No. 41 p364
Surveillance of viral infections donated blood: England and Wales, 1997の要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR98/cdr4198.pdf

1997年の献血者におけるHBV、HCV、HIV検査の結果が集計された。

全体で389例(10万人に14.57人)がウイルス感染者で、内、61%がHCV抗体陽性、31%がHBs抗原陽性、7%がHIV抗体陽性であった。新規献血者は全体の11%であったが、ウイルス検査陽性者の74%を占めた。

新規献血者の内、HBs抗原陽性者とHCV抗体陽性者の割合は男性の方が女性より、それぞれ2.5倍・2.3倍と有意に高かった。HCV抗体陽性者の平均年齢38.4才はHBs抗原陽性者(34.6才)およびHIV抗体陽性者(29.6才)より有意に高かった。

<訳註>
献血者のウイルス感染率については、こちらもご参照下さい。
CDR Weekly:1998.10.09/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.10.24

関連サイト