Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1998 > メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1998/10/16

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌

PHLS. CDR Weekly October 16, 1998/Vol. 8/ No. 42 p369
Methicillin resistant Staphylococcus aureusの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR98/cdr4298.pdf

1997年におけるイングランンドおよびウエールズ内の黄色ブドウ球菌による血流感染のうち、ほぼ32%がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)によるものであった。これは1995年の2倍以上の比率である。また、MRSAはこれまでよりも均等に全国に分散した。

流行株はこれまでどおり、EMRSA3,15,16である。EMRSA16の事例数がわずかに減少したが、これはPHLSへのタイプ検査依頼の基準が変わったことによるのかもしれない。

その他のタイプのMRSAも、多くの地域において問題を起こしているので、流行の潜在性があると注意しなければならない。最近MRSA予防策に改訂があった。EMRSA15と16においては、toxic shockの可能性のある患者からの分離株としての検査依頼もあった。このように適切な臨床データ情報も合わせてPHLSへ検査依頼することを歓迎する。

<訳註>
英国におけるMRSA予防策の改訂については、こちらをご参照下さい。
CDR Weekly:1998.10.16/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.11.08

関連サイト