Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 1998 > 噴水に関連するクリプトスポリジウム症の集団発生-ミネソタ、1997年
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
1998/10/16

噴水に関連するクリプトスポリジウム症の集団発生-ミネソタ、1997年

CDC. MMWR October 16, 1998 / Vol. 47 / No. 40 p856
Outbreak of Cryptosporidiosis Associated with a Water Sprinkler Fountain – Minnesota,1997の要旨
ftp://ftp.cdc.gov/pub/Publications/mmwr/wk/mm4740.pdf

1997年夏、ミネソタ動物園の噴水に関連するクリプトスポリジウム集団感染が発生した。小児における集団感染の初期調査の結果、動物園の噴水の中で遊んだことが関連因子として判明した。その後の調査の結果、369例(平均年齢6才)が判別され、73例において検査同定が確認された。6例が入院した。

この噴水はそもそも展示用に作られたものであったが、夏季においては子供にとって格好の遊び場になっていた。水は循環式で塩素消毒や濾過がなされていたが、これらの方法は必ずしもクリプトスポリジウムに有効であるとは思われない。この噴水は直ちに閉鎖された。

この集団感染はたまたまある親が衛生当局に報告したため、初めてクリプトスポリジウム検査がなされ、判明したものである。そうでなければ、認識されなかったであろう。クリプトスポリジウム感染は現実よりも低い頻度でしか報告されていないと思われる。

<訳註>
CDC は展示用の噴水については、クリプトスポリジウム汚染の防止を行うのではなく、噴水への立ち入りを排除することで対策をとるべきであるとしています。
MMWR:1998.10.16/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.10.17

関連サイト