Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 1998 > 先天性梅毒の流行 バルチモア 1996-97年
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
1998/10/30

先天性梅毒の流行 バルチモア 1996-97年

CDC. MMWR October 30, 1998 / Vol. 47 / No. 42 p904
Epidemic of Congenital Syphilis – Baltimore, 1996-1997の要旨
ftp://ftp.cdc.gov/pub/Publications/mmwr/wk/mm4742.pdf
1996-97年、バルチモアは全米で最も梅毒感染率の高い都市であった。バルチモアにおける先天性梅毒の発生率は1993年から1996年にかけて10万新生児あたり62から282へ上昇した。CDCは関係当局とともにバルチモアの妊婦における梅毒流行について調査した。その結果、先天性梅毒の90%は、適切な産前ケアとより適時な梅毒スクリーニングと治療によって防止できたはずであることが判明した。
<訳註>
妊婦における梅毒感染は、黒人および麻薬中毒者において高率であるとのことです。梅毒とエイズの関連についてはこちらをご覧下さい
MMWR:1998.10.30/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.10.31

関連サイト