Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 1998 > エコーウイルス30型による無菌性髄膜炎、日本、1997-98年
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
1998/09/04

エコーウイルス30型による無菌性髄膜炎、日本、1997-98年

WER September 4, 1998 / Vol.73 / No.36 p273
Aseptic meningitis due to echovirus 30, Japan, 1997-1998の要旨
http://www.who.int/docstore/wer/pdf/1998/wer7336.pdf
日本においてエコー30型ウイルスによる無菌性髄膜炎の全国的流行が、1983年、1989-91年、に続く3番目のものとして1997-98年に発生している。この流行は1997年6月より観察され、1997年に1、335例、1998年(7月21日まで)に432例が報告されている。0-4歳児が報告例の42%を占めている。
<訳註>
本件に関しては、原著である、国立感染症研究所感染症情報センターのIASR(infectious desease Surveillance Report) の当該号 Vol.19 No.8 August 1998 http://idsc.nih.go.jp/iasr/19/222/tpc222-j.html
をご覧下さい。和文と英文が閲覧できます。
WER: 1998.09.04 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.09.05

関連サイト