Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 1998 > B型肝炎免疫化 WHOの立場
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
1998/10/23

B型肝炎免疫化 WHOの立場

WER October 23, 1998 / Vol.73 / No.43 p329
Hepatitis B immunization WHO positionの要旨
http://www.who.int/docstore/wer/pdf/1998/wer7343.pdf

学校における青少年の日常的B型肝炎免疫化を中止するとのフランス健康省の10月1日発表に関して、WHOはその決定の科学的根拠を質すプレスリリースを発表した。WHOが集めた数多くの科学的に信頼性のある情報源において、B型肝炎と脱随疾患の関連を支持するいかなる証拠もない。

フランスの立場について、WHOはそれが世界的なB型肝炎免疫化計画を脅かすものとして深い懸念を抱く。これまでに10億を越えるワクチン投与が行われ、安全性と効力について極めて優れた成果を上げている。100前後の国において国家的な日常的免疫化計画にB型肝炎ワクチンを含めるとするWHOの勧告が尊重されている。WHOのポリシーはこの点において変化しておらず、この立場を支持するデータを近々出版する。

<訳註>
この記事の経緯については、こちらをご覧下さい。今回のWERの冒頭にこのような声明が記載されたことは、WHOの本件に関する強い関心を示していると思われます。
WER: 1998.10.23 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.10.24

関連サイト