Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 1998 > 結核サーベーランス、WHO欧州地域 1995-1996年
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
1998/11/06

結核サーベーランス、WHO欧州地域 1995-1996年

WER November 6, 1998 / Vol.73 / No.45 p347
Tuberculosis surveillance, WHO European Region, 1995-1996 の要旨
http://www.who.int/docstore/wer/pdf/1998/wer7345.pdf

WHOはCESESなどと協力して、欧州51各国における結核サーベーランスを1995年より立ち上げた。1995年および1996年のデータを報告する。

結核感染率が10万人あたり20未満であった21カ国のは、チェコ、イスラエルを除きすべて西欧地域であった。20以上であった29カ国は、ポルトガル、スペインを除きすべて東欧地域であった。また、1995年から1996年にかけて、感染率の増加した地域は、やはり東欧諸国、特に旧ソ連地域であった。

しかし、これらのデータは報告システムの違いを考慮して解釈しなければならない。また、感染率の増加は、衛生サービスの改善による報告数の増加として捉えるべきかもしれない。

<訳註>
WHOの定義する欧州は旧ソ連地域を含むため、アイスランドから、イスラム圏中央アジア、シベリア、ウラジオストックまでを含むアジアに近接した広大な地域です。原文の地図によるデータ表示を是非ご覧下さい。
WER: 1998.11.06 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1998.11.08

関連サイト