Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > APIC ガイドライン > 消毒 > 軟性内視鏡における感染予防のためのガイドライン(1999)
Overseas
Guideline
APIC ガイドライン
1999/11/14

軟性内視鏡における感染予防のためのガイドライン(1999)

Alvarado CJ, Reichelderfer M. APIC guideline for infection prevention and control in flexible endoscopy. AJIC Am J Infect Control 2000;28:138-55.
http://www.apic.org/pdf/gdendosc.pdf
<注釈>

本ガイドラインは1994年の同ガイドラインの改訂版で、軟性内視鏡の消毒法について記述しています。
内視鏡には酵素入り洗浄剤を併用した機械的洗浄と滅菌または高水準消毒が必要であること、消毒薬に浸せない部分はアルコールで清拭すること、チャネルをアルコールでリンスする方法、内視鏡関連の感染が発生したときには関連当局と関連メーカーに報告すること、血中ウイルスや結核菌など職業感染起因菌や消毒薬の毒性に対する医療従事者保護策などについて勧告がされています。今回の改訂により米国内で最近使用され始めた新しい消毒薬についての記述が加わりました。

Yoshida Pharmaceutical Co., Ltd. 2002.05.30

関連サイト