Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 1999 > 1997年12月までに文献報告されたHIV職業感染の要約
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
1999/03/01

1997年12月までに文献報告されたHIV職業感染の要約

Eurosurveillance March, 1999 Vol.4 No. 3 p29
Evans, B. et al. A summary of occupationally acquired HIV infections described in published reports to December 1997の要旨

http://www.eurosurveillance.org/em/v04n03/0403-221.asp

文献検索に加えて、中央サーベーランスシステムのある先進国の主要な研究者への問い合わせを行い、HIV職業感染の発生数について調査を行った。その結果、1997年末までに95の確認例および191の疑わしい例を数えた。この内、合衆国は52例および114例、ヨーロッパは32例および64例、その他が11例および13例であった。この2年間で16の確認例、47の疑わしい例が加わった。
<訳註>
全286例の内、112例が看護婦および助産婦で、職種別のトップを占めています。
Eurosurveillance: 1999.03.00/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.03.06

関連サイト