Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 1999 > 欧州における周産期HIV検査
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
1999/08/19

欧州における周産期HIV検査

Eurosurveillance Weekly August 19, 1999 Issue 34
Antenatal HIV testing in Europeの要旨

http://www.eurosurv.org/1999/990819.html
http://www.eurosurveillance.org/index-02.asp

欧州各国における周産期HIV検査に関する勧告等は以下の通りである。

デンマーク:特定のリスクがある妊婦にのみ検査を勧めている。

フィンランド:全ての妊婦に検査を勧める規則であり、98%以上が同意して検査を受けている。

ドイツ:全ての妊婦に検査を勧めることが公的に勧告されている。

ルクセンブルグ:法的には求められていないが、実際には産科医師が妊婦に無料検査を勧めている。

オランダ:HIV検査の対象を拡大するかどうか討議中。

ポルトガル:すべての妊婦に検査を勧めている。

スペイン:高い感染リスクがあり、かつ妊娠、出産を意図している全女性に検査を勧めている。

スウェーデン:全ての妊婦に検査を勧めることが勧告されており、95%が同意して検査を受けている。

<訳註>

英国においては、1999年8月、全ての妊婦に対してHIV検査を勧め、同意を得た上で検査を行うことが公的な規則となりました。2002年末までに90%の検査率を達成し、HIVの母子感染を80%減少させることが国家目標とされました。これについては、CDR Weeklyの1999年8月20日号(http://www.phls.co.uk/publications/CDR99/cdr3499.pdf)をご覧下さい。

米国でも1995年から検査が勧告されています。こちらをご参照下さい。

Eurosurveillance Weekly: 1999.08.19/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.08.21

関連サイト