Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 聖隷浜松病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.4 No.1 Spring 1999

聖隷浜松病院
感染防止は病室内の清掃から

感染防止は病室内の清掃から

「新鮮な空気が入ること、清潔さが保たれていること、暖かさが保たれていること…」・・聖隷浜松病院リフレッシュセンターの、アメニティ活動における基本的考え方である。看護婦さんと看護助手の皆さんがチームを組んで行う病棟の清掃は、この考えを反映したもの。今回は、ICNの埋田聖子婦長を中心に行われている病室の清掃活動を中心に、聖隷浜松病院の感染防止対策をご紹介しよう。

DATA
住所:浜松市住吉2-12-12
1997年、開放型病院基準取得。日本医療機能評価機構の認定を受けており、利用者中心の医療を追求している。
病床数 :744床(CCU3床、NICU21床含)の総合病院
診療科数:38科
外来患者数:2,200人/日
手術件数:7,687件(1998年)
院内感染対策委員、ICN(感染管理看護婦):埋田聖子婦長。中央滅菌材料室・リフレッシュセンター婦長も兼任。今春からICN専任となる。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.4 No.1 p4-6 Spring 1999

関連サイト