Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1999 > 英国における24か月児MMRワクチン接種率が安定
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1999/03/26

英国における24か月児MMRワクチン接種率が安定

PHLS. CDR Weekly March 26, 1999/Vol. 9/ No. 13 p113
MMR vaccine coverage at 24 months stabilises in the UKの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR99/cdr1399.pdf

英国(連合王国)の1998年10-12月における24か月児MMRワクチン接種率は、7-9月と同様、88%をわずかに上回った。

十分な証拠無しにMMRと自閉、炎症性腸疾病の関連に関する報道がなされたことにより、7-9月の接種率は4-6月の接種率よりも1.4%減少していた。1998年9月から、ワクチン普及のための新しい公的な案内文が、親に配布されている。

これで接種率の減少傾向に歯止めがかかったものと理解したいが、失われた接種率を取り戻すための努力が必要である。

<訳註>
英国におけるMMRワクチン接種率減少の経緯については、こちらをご覧下さい。米国においてもMMRワクチン接種の普及が公的に推進されています。それについては、こちらをご覧下さい。日本においては1993年のMMRワクチン中止以降、個別ワクチンのみ接種可能となりましたが、結果的に免疫化率は減少していると思われます。
CDR Weekly:1999.03.26/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.03.27b

関連サイト