Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1999 > レスター病院におけるクロストリジウム・ディフィシル
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1999/05/14

レスター病院におけるクロストリジウム・ディフィシル

PHLS. CDR Weekly May 14, 1999/Vol. 9/ No. 20 p175
Clostridium difficile in Leicester hospitalの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR99/cdr2099.pdf

レスター総合病院(10病棟300床と32隔離室)において、34例の下痢が発生し、11例のクロストリジウム・ディフィシル毒素が検出されたため、5月6日より新規患者の受付を停止した。

既に下痢患者の集団隔離、セフロキシムの日常的投与の中止、環境清掃が行われていたが、これらの対策後に4例の下痢患者が発生した。

調査では、抗菌剤の使用、患者の病棟間移動、個室の不足、入院患者の増加圧力などが要因として疑われている。

<訳註>
クロストリジウム・ディフィシルは抗菌薬療法に伴う菌交代現象による感染症として、アメリカでも問題となっています。この感染症を治療するためのバンコマイシン療法が、さらにVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)へと連鎖することも示唆されています。これらについては、こちらをご覧下さい。
CDR Weekly:1999.05.14/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.05.16

関連サイト