Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1999 > ザナミビールの投薬に否定的勧告
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1999/10/15

ザナミビールの投薬に否定的勧告

PHLS. CDR Weekly October 15, 1999/Vol. 9/ No. 42 p371
NICE advises against prescribing zanamivir until further evidence emergeの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR99/cdr4299.pdf

英国のNICE(国立臨床的有用性評価機関)はザナミビール(インフルエンザ治療薬)をこの風邪シーズンに投薬するべきでないと勧告した。但し、各臨床医の専門的な判断を束縛する勧告ではないとしている。

NICEは、これまでの臨床試験の結果から、インフルエンザ症状の発生後48時間以内にザナミビールを使用すれば症状期間を1日短縮することが判明しているとしながらも、高リスク患者(高齢者など)において2次的な難治化をどれだけ予防できるかについての臨床成績が未だ不足しているとし、現在進行中の臨床試験の続行を期待している。

NICEは2000/2001年シーズンまでにガイドラインを見直す予定であるが、インフルエンザに対する最善の対策は高リスク患者へのワクチン接種であるとしている。 。

<訳註>
英国のNICE(The National Institute for Clinical Excellence、1999年4月1日設立、http://www.nice.org.uk/)は医薬品の有効性・安全性に加えてコストベネフィット及び医療経済的な有用性を評価する公的機関で、医薬品の製造承認ではなく公的保険の適用に関与する機関です。
CDR Weekly:1999.10.15/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.10.16

関連サイト