Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1999 > 今季初のインフルエンザ分離とワクチンの促進
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1999/11/05

今季初のインフルエンザ分離とワクチンの促進

PHLS. CDR Weekly November 5, 1999/Vol. 9/ No. 45 p399
Influenza vaccination promoted as first isolates are identifiedの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR99/cdr4599.pdf

英国においてはこの冬、すべてのインフルエンザリスクグループ人口をカバーするため8.6百万人分のインフルエンザワクチンが用意されている。リスクグループとは、75才以上の高齢者、長期居住施設の住人、慢性呼吸器疾患(喘息を含む)、慢性心腎疾患、糖尿病の患者、治療または疾病による免疫障害のある患者である。

今季最初のふたつのインフルエンザウイルス分離株はA型H3N2タイプと同定され、今季のワクチンに含まれているものと類似していることが判明した。

CDR Weekly:1999.11.05/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.11.06

関連サイト