Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 1999 > 結核調査 1998年
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
1999/12/17

結核調査 1998年

PHLS. CDR Weekly December 17, 1999/Vol. 9/ No. 51 p453
Tuberculosis: incidence rising, resistance stable, surveillance enhanced, and communication improvingの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR99/CDR99/cdr5199.pdf

イングランドおよびウエールズにおける1998年結核調査の結果が発表された。

これによると、1998年の結核罹患率は10万人あたり10.9人で、1993年(10.1人)、1988年(9.4人)に比べて高くなっていることが判明した。

依然として非白人における罹患率が高く、特に英国外の結核流行国から移住した人口において罹患率が高い。

PHLSの調査では、抗結核菌薬耐性の頻度は1994年以来1998年まであまり変化がない。

1999年1月にイングランドとウエールズで開始された結核調査の強化計画に、2000年1月から北アイルランドも加わることとなった。

<訳註>
PHLSのホームページに結核のコーナーが新設されました。http://www.phls.org.uk/topics_az/tb/tbfrontpage.htmをご覧下さい。

CDR Weekly:1999.12.17/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2000.01.08

関連サイト