Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 1999 > 輸血によるマラリア伝播 ミズーリおよびペンシルバニア 1996-1998
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
1999/04/02

輸血によるマラリア伝播 ミズーリおよびペンシルバニア 1996-1998

CDC. MMWR April 2, 1999 / Vol. 48 / No. 12 p253
Transfusion-Transmitted Malaria – Missouri and Pennsylvania, 1996-1998の要旨
ftp://ftp.cdc.gov/pub/Publications/mmwr/wk/mm4812.pdf

マラリアは輸血に関連するまれだが潜在的に重大な疾病である。1996年から1998年にかけて、3例の輸血によるマラリア伝播がCDCに報告され、2例が死亡した。

全例とも、患者は近年外国に渡航したことがなく、また献血者の事後調査において各1名のマラリア感染者が発見された。これらの感染献血者は西アフリカからの移民であった。

献血においては、承認されたマラリア検査法が無いため、献血者への注意深い質問が必要である。質問の内容は、海外渡航歴や海外居住歴で、それにマラリアの流行地域が含まれている場合には、FDAの勧告等に従って、献血延期期間をおくべきである。

<訳註>
マラリアは長期間潜伏する場合があり、移民からの献血をどのように扱うかは、FDA・CDCおいて再検討中であるとのことです。なお、今週、英国においても、マラリアの病院感染が報告されました。 こちらをご覧下さい。

MMWR:1999.04.02/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.04.03

関連サイト