Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 1999 > 糖尿病患者におけるインフルエンザ、肺炎球菌ワクチン接種率 合衆国、1997年
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
1999/10/29

糖尿病患者におけるインフルエンザ、肺炎球菌ワクチン接種率 合衆国、1997年

CDC. MMWR October 29, 1999 / Vol. 48 / No. 42 p957
Influenza and Pneumococcal Vaccination Rates Among Persons with
Diabetes Mellitus – United States, 1997の要旨
ftp://ftp.cdc.gov/pub/Publications/mmwr/wk/mm4842.pdf

ワクチン接種は糖尿病患者におけるインフルエンザおよび肺炎の罹患率とそれらによる死亡率を減少するための重要な公衆衛生手段である。2000年に向けての国家目標では糖尿病患者を含むハイリスク集団の60%以上にインフルエンザ、肺炎球菌ワクチンを接種することとなっている。

1993年の調査(BRFSS)によると糖尿病患者の40%が一年以内にインフルエンザワクチンを接種しており、21%が肺炎球菌ワクチンを接種したことがあると判明している。

最新の1997年調査によると、糖尿病患者の52.1%が一年以内にインフルエンザワクチンを接種しており、33.2%が肺炎球菌ワクチンを接種したことがあると判明した。この内高齢者(75才以上)の接種率はそれぞれ69.6%、53.4%と比較的高かった。

<訳註>
CDCは国家目標の達成までに大きなギャップがあると認識し、1998年に糖尿病患者を対象としたワクチンキャンペーンを始めました。
MMWR:1999.10.29/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.10.30

関連サイト