Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 1999 > 一羽のがちょうからインフルエンザウイルスH5N1を分離 香港
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
1999/04/02

一羽のがちょうからインフルエンザウイルスH5N1を分離 香港

WER April 2, 1999/Vol.74 /No.13 p103
Single isolation of H5N1 influenza virus in a goose, Hong Kong SARの要旨
http://www.who.int/docstore/wer/pdf/1999/wer7413.pdf
3月10日、香港中国特別行政区の輸入鳥肉市場の鳥かご検査においてH5ウイルスが分離された。このウイルスはH5N1であったが、1997年に分離されたH5N1と遺伝的に異なると判明した。この市場の鳥において疾病は発生していない。水鳥からのH5ウイルスの分離はめずらしいことではなく、公衆衛生上の危険を示すものではない。
<訳註>
今回、人における疾病も発生していないとのことです。なお、感染の徴候のある鳥は香港中国特別行政区に輸入しない措置がとられているとのことです。1997年の人へのH5N1ウイルス感染例についてはこちらをご覧下さい。

WER: 1999.04.02 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 1999.04.03

関連サイト