Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2000 > 病院感染削減勧告-英国政府
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2000/02/17

病院感染削減勧告-英国政府

Eurosurveillance Weekly February 17, 2000 Issue 7
Report calls for 15% cut in hospital acquired infections in the United Kingdomの要旨

http://www.eurosurv.org/2000/000217.html
http://www.eurosurveillance.org/index-02.asp

英国の国家監査局(NAO)は2月17日、病院感染による国民健康保険(NHS)の支出、年間およそ10億ポンドを15%削減することを求める報告を提出した。

NAOの報告は、感染対策チームに対してその果たすべき役割に見合った人的資源などが割り当てられていないと指摘し、費用対効果のある方策に関する証拠に基づいたガイドラインとその実践の普及、および基礎的で比較可能な病院感染率データの収集が必要であるとした。

また、健康省に対しては感染制御に関するガイドラインの改訂を求め、NHS所属の医療機関に対してそれを遵守すること、また適切な人員配置に関する調査を行うこと、病院感染国家サーベランス計画に参加することを求めた。

<訳註>
NAOは英国政府機関の経済的効率性を評価する独立諮問機関です。今回の報告は病院感染制御への資源の割り当てが国家的な医療支出の削減に寄与するという認識を公に示したものとして注目に値します。
Eurosurveillance Weekly: 2000.02.17/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2000.02.20

関連サイト