Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2000 > ドイツの病院におけるMRSA耐性パターンの狭まり
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2000/03/01

ドイツの病院におけるMRSA耐性パターンの狭まり

Eurosurveillance February, 2000 Vol.5 No.3 31-4
Methicillin resistant Staphylococcus aureus in German hospitals develop narrower patterns of antimicrobial resistanceの要旨

http://www.eurosurveillance.org/em/v05n03/0503-224.asp

ドイツの病院におけるMRSAの蔓延率は1990年 1.7 %、1995年 8.7 %、1999年 15.1 %と増加し続けてきたが 、耐性を示す抗菌薬の範囲は狭まってきており、gentamicin、oxytetracycline、erythromycinに耐性を示すMRSAはあまり多くなくなってきた。

gentamicinの消費量は安定しているため、この傾向を抗菌薬消費の変化によっては説明することはできない。

分子タイピングによる分析の結果、この傾向は主に流行株の交代によるものと判明した。

MRSA保菌患者の隔離は一貫して実施される必要がある。

<訳註>
原文の表には以前から流行していたドイツ北部由来のMRSAが減少し、比較的新しい南部由来のMRSAが増加した様子が示されています。
Eurosurveillance: 2000.03.00/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2000.03.27

関連サイト