Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2000 > 病院感染の社会経済的負担
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2000/02/04

病院感染の社会経済的負担

PHLS. CDR Weekly February 4, 2000/Vol. 10/ No. 5 p41
The socioeconomic burden of hospital acquired infectionsの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR00/cdr0500.pdf

英国健康省の委嘱によりPHLSとロンドン衛生・熱帯医学大学が行った病院感染の社会経済的負担に関する研究結果が公表された。

これによると、病院感染を起こした患者の入院期間は2.5倍長く、入院費用は約3倍高いことが判明した。

イングランドにおける病院感染コストは約10億ポンドであり、病院感染による入院延長は延べ約3.6百万日であると推計された。

この研究は1994年4月から1995年5月までに30時間以上地域総合病院に入院した成人患者3980人を対象にしたもので、そのうち7.8%の患者が病院感染を起こしていた。

<訳註>
この研究報告は http://www.doh.gov.uk/haicosts.htmでみることができます。
CDR Weekly:2000.02.04/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2000.02.05

関連サイト