Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2000 > インフルエンザワクチン接種対象の拡大
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2000/05/26

インフルエンザワクチン接種対象の拡大

PHLS. CDR Weekly May 26, 2000/Vol. 10/ No. 21 p185
Routine immunisation for Routine immunisation for influenza to include those aged 65 years and over and health care workerの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR00/cdr2100.pdf

英国健康省は毎年のインフルエンザに対する免疫化の対象を拡大し65才から74才までの年齢層を含めるよう勧告した。1998年以来英国では、慢性疾患患者、長期居住施設入居者、および75歳以上の老人における免疫化が勧告されていた。今回健康省は初年度60%、それ以降70%の接種率を目標とするよう勧告している。

また、さらに健康省はケア実施や患者支援にかかわるすべての医療従事者にも免疫化を提供することを勧告した。

<訳註>
英国においては医療従事者へのインフルエンザワクチン提供はかならずしも勧告されていませんでしたが、今回それが明確に勧告されました。この経緯についてはこちらをご参照下さい。
CDR Weekly:2000.05.26/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2000.05.27

関連サイト