Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2000 > 英国の全NHS trustが病院感染サーベーランスに参加
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2000/10/27

英国の全NHS trustが病院感染サーベーランスに参加

PHLS. CDR Weekly October 27, 2000 Vol. 10 No. 43 p383
Hospital acquired infection: minister announces compulsory new service for the NHSの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/CDR00/cdr4300.pdf

10月16日健康大臣は、2001年4月に発足する新しい包括的サービスを利用して、すべてのNHS trust(英国の公的保険医療機関)が病院感染サーベーランスに参加すると表明した。この新しいサービスはMRSA感染を含む病院感染の主な領域を包含し、整形手術後の創感染、細菌性血流感染、退院後に発見された病院感染などもカバーするよう改良されるものである。
この表明は、国家監査局による病院感染に関する報告への対応として、NINSS(病院感染国家サーベーランス計画)をNHSに対するサービスとして再発足するとした2000年6月の大臣表明に続くものである。
今回の表明の中で大臣は、標準的な感染対策の指針をNHSに対し発行することと共に、その成果を計測させることが肝要であるとし、強制的なモニタリングによってそれを確保すると述べている。

<訳註>
国家財政的な見地からも病院感染予防が必要であり、その為には強制的な病院感染サーベーランスも必要であると当局が判断した事例として注目されます。英国のNINSSについてはこちらをご覧下さい。
CDR Weekly:2000.10.27 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2000.10.30

関連サイト