Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2001 > オランダにおけるMRSA 2001年
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2001/09/20

オランダにおけるMRSA 2001年

September 20, 2001 issue 38
MRSA surveillance in Dutch hospitals from January to July 2001: an update and overviewの要旨

http://www.eurosurv.org/2001/pfp/010920_pfp.htm
http://www.eurosurveillance.org/index-02.asp

オランダにおいては1989年よりMRSAサーベーランスがRIVM(国家衛生環境研究所)によって行われている。2001年1-7月においてRIVMに送られたMRSAは230株であったが、それは黄色ブドウ球菌全体の0.9%に過ぎなかった。これはオランダにおける厳密なMRSA患者の隔離体制と抗菌薬の制限方針によるものである。ただし海外でMRSAを獲得した患者の割合は15%以下に減少しており、従って多くのMRSA感染はオランダに土着したMRSAによるものであると思われる。
<訳註>
オランダやデンマーク、フィンランド、スウェーデンなど北欧諸国におけるMRSA検出率は極めて低く、英国、アイルランドやイタリア、スペイン、ギリシャなど南欧諸国と対照的です。
詳しくは欧州抗菌薬耐性サーベーランス(EARSS)の報告をご参照下さい。
Eurosurveillance 2001.09.20/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.09.25

関連サイト