Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2001 > 医療行為を経由したCJD伝播の管理
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2001/10/11

医療行為を経由したCJD伝播の管理

October 11, 2001 issue 41
Management of possible exposure to CJD through medical proceduresの要旨

hhttp://www.eurosurv.org/2001/pfp/011011_pfp.htm
http://www.eurosurveillance.org/index-02.asp

英国健康省は医療行為を経由したクロイツフェルトヤコブ病(CJD)伝播の管理についての意見募集を開始した。
CJDや異型CJDの患者が、その発病前に手術を受けていたり献血や臓器・組織提供を行っていた場合、CJD伝播の可能性が科学的に不確かな事項として問題となる。散発的なCJDの場合には異常プリオンが脳、脊髄、眼球において感染性を持つことが実験的に示されており、またまれな伝播例も示されている。異型CJDの場合、人から人への伝播は未だ報告されていないが、異常プリオンの体内分布は散発的なCJDよりも広範である。通常の滅菌方法では異常プリオンを殺滅することはできない。
主に神経系などの手術、輸血、臓器・組織移植などの医療行為を通じてCJDが伝播した理論的な可能性がある人々のデータベースを作成し、必要に応じて告知を行うためには、科学的な知見が限られていること、また倫理的な問題があることを考慮した慎重な配慮が必要である。
<訳註>
ヒト乾燥硬膜移植によるCJDの伝播例が報告されています。こちらをご参照下さい。

なお、CJD患者に使用した手術器具などの処理については、こちらをご覧下さい。

Eurosurveillance 2001.10.11/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.10.15 revised 2002.11.01

関連サイト