Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2001 > CJD伝播予防のための使い捨て器具導入
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2001/01/04

CJD伝播予防のための使い捨て器具導入

PHLS. CDR WeeklyJanuary 4, 2001 Vol.11 No.1 p1
Introduction of single use instruments to reduce possible risk of nosocomial transmission of variant CJDの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2001/cdr0101.pdf

変異クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)が病院内で伝播するかもしれないという可能性に鑑み、英国政府はNHS(公的保険病院)の滅菌・清浄化設備を近代化するための予算を2億ポンド用意するとともに、2001年に行う扁桃摘出術においては使い捨て器具を導入するよう勧告した。本件は手術器具を介して患者間の伝播が発生するという理論的な危険性を考慮しての事前予防策である。

<訳註>
vCJDが病院内で伝播した例はまだ報告されていません。
CDR Weekly:2001.01.04 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.01.10

関連サイト