Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2001 > 北ロンドンにおける薬剤耐性結核
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2001/01/18

北ロンドンにおける薬剤耐性結核

PHLS. CDR Weekly January 18, 2001 Vol. 11 No. 3
Drug resistant tuberculosis in north London – updateの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2001/cdr0301.pdf

北ロンドンにおけるisoniazid耐性結核の集団発生による患者数は37人に達した。最初の診断例は1995年に遡るが、その後1999年に15例、2000年に21例が診断された。最近の診断例もこれまでと同様、北・北東ロンドンに居住する様々な人種グループの若年成人が中心となっている。これらの分離株はPHLSでPCRタイピングされ、同一のタイプであることが判明している。
これらの例のうちいくつかにおいては監獄など共通の居所が確認されており、また治療法に対するコンプライアンスに問題があったことも判明している。

<訳註>
欧州における抗結核薬耐性サーベーランスについてはこちらをご覧下さい。
CDR Weekly: 2001.01.18 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.01.22

関連サイト