Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2001 > HIV感染歯科従事者に受診した患者
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2001/03/22

HIV感染歯科従事者に受診した患者

PHLS. CDR Weekly March 22, 2001 Vol.11 No.12
Patients notified of exposure to HIV-infected dental health care worker in North East Londonの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2001/cdr1201.pdf

1997年7月から1999年7月にかけて北東ロンドンのあるHIV感染歯科従事者に受診した患者約1,300名に対し、関連当局は手紙で通知を行い、プライバシー保護の下での専門家によるカウンセリング、およぶHIV検査を提供している。
この歯科従事者は1999年に仕事を辞めているが、2000年12月にHIV感染が診断された。関連当局は診療記録より暴露の可能性のある患者名を調査し、北東ロンドンからの転出者も含めてトレースしている。

<訳註>
英国のHIV感染医療従事者に関するガイドラインでは暴露した患者への通知について規定が設けられています。こちらをご覧下さい。
CDR Weekly: 2001.03.22 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.04.16

関連サイト