Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2001 > 北ロンドンにおける薬剤耐性結核(続報)
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2001/05/03

北ロンドンにおける薬剤耐性結核(続報)

PHLS. CDR Weekly May 3, 2001 Vol.11 No.18
Outbreak of drug resistant tuberculosis in north London: update on prison linksの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2001/cdr1801.pdf

ロンドンにおけるisoniazid耐性結核の患者数は1995年以来49人に達した。最初の診断例は1995年に遡るが、その後1998年に2例、1999年に15例、2000年に25例が診断され、2001年は現在までに6例が診断されている。これらの結核は同一株によるものであるが、そのうち14例はロンドン刑務所に関連する伝播であることが判明している。
この期間、ロンドンにおける結核の報告率は1995年の10万人中29.1人から、2000年の40.3人へと38%増加している。

<訳註>
この記事の前報はこちらをご覧下さい。

CDR Weekly: 2001.05.03/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.05.07

関連サイト