Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2001 > 医療従事者における髄膜炎菌感染の予防
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2001/08/23

医療従事者における髄膜炎菌感染の予防

PHLS. CDR Weekly August 23, 2001 Volume 11 Number 34
Preventing secondary meningococcal disease in health care workers の要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2001/cdr3401.pdf

イングランドおよびウエールズにおける医療従事者の二次的な髄膜炎菌感染の予防に関するガイドラインが改訂された。これまでのガイドラインは直接口を接触させての蘇生措置をおこなった医療従事者に対して予防的な化学療法を勧告してきたが、新しいガイドラインは髄膜炎菌症の患者の呼吸器系の飛沫や分泌物に直接濃厚に曝露した医療従事者に対して化学療法を勧告している。

<訳註>
髄膜炎菌(Neisseria meningitidisまたはmeningococcal)感染症の患者には飛沫予防策が必要です。米国においても飛沫に曝露した人に予防的化学療法を行うことが勧告されています。こちらをご参照ください。
CDR Weekly:2001.08.23 Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.08.27

関連サイト