Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2001 > インフルエンザ流行状況 合衆国・世界 2001年5月-9月
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2001/09/28

インフルエンザ流行状況 合衆国・世界 2001年5月-9月

September 28, 2001 Vol. 50 No. 38
Update: Influenza Activity — United States and Worldwide, May–September 2001の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5038.pdf

2000年10月より2001年5月にかけて、北半球ではインフルエンザA(H1N1)型とB型が流行し、A(H3N2)型はあまり報告されなかった。 2001年5月以降、アジアとオセアニアではA(H1N1)型とB型が優勢を占めているが、アフリカと南米ではA(H3N2)型とB型が優勢を占めている。合衆国においてはA型よりもB型が頻繁に報告されている。全般的な状況としては比較的穏やかな流行にとどまっている。

2001年5月より9月までに分離された流行株の抗原的性格をWHOが調査した結果、インフルエンザA(H1N1)型の分離株25株の内24株が 2001-2002年のワクチン株であるA/New Caledonia/20/99に、A(H3N2)型の分離株67株の内61株がワクチン株であるA/Panama/2007/99に類似していることが判明した。一方B型の流行株は抗原的にB/Yamagata/16/88 とB/Victoria/2/87の2グループに分類され、このうち前者はワクチン株であるB/Sichuan/379/99と同グループに属するが、後者はB/Hong Kong/22/2001を代表とするグループに属している。
以上のことから、インフルエンザ関連ハイリスク人口におけるタイムリーなワクチン接種の必要性が強調される。

<訳註>
2001-02シーズンのワクチン組成についてはこちらをご覧下さい。
MMWR:2001.09.28/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.10.01

関連サイト