Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2001 > 刑務所におけるMRSA皮膚感染
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2001/10/26

刑務所におけるMRSA皮膚感染

October 26, 2001 Vol. 50 No. 42
Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Skin or Soft Tissue Infections
in a State Prison — Mississippi, 2000の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5042.pdf
ミシシッピにある4000人収容の刑務所において1999年11月以来31例のMRSAによる皮膚または軟組織感染が発生していることが州当局により報告された。調査の結果、MRSAが受刑者間で伝播し健常者施設としては高率なMRSA保菌者が存在することが判明した。感染者の多くが、他の受刑者の傷や化膿箇所を処置したりリネンを共用するなどの接触機会を持っていた。当該刑務所の診療所において抗菌薬療法の最適化と標準予防策の実施を行うとともに、受刑者の衛生教育などが実施されるよう措置が取られた。
<訳註>
受刑者に対する衛生指導の内容としては、毎日のシャワー浴、他人の傷や包帯に触れないこと、触れた場合には石けんで手を洗うことなど一般的で日常的な事項が挙げられています。
MMWR:2001.10.26/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.10.29

関連サイト