Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 2001 > HIV/AIDS流行の地球的状況 2001年末
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
2001/12/07

HIV/AIDS流行の地球的状況 2001年末

Global situation of the HIV/AIDS pandemic, end 2001 Part Iの要旨
WHOとUNAIDSは世界における成人・小児のHIV/AIDS人口が2001年末に4千万人に達すると推測する。2001年において80万人の15才未満小児を含む500万人が新規に感染したと推測される。今では男女間にほぼ等しく感染が拡散しており、その多くが感染の事実を知らずに生活している。
2001年において300万人の生命がHIV/AIDSによって失われたと推測され、世界で4番目の死因となっている。正式に報告されたAIDS患者数は 2001年11月25日現在、2,784,317名で、昨年より471,457名増加した。先進諸国における抗ウイルス療法の進展に伴うAIDS患者の減少は、発展途上国、特にサブサハラアフリカにおける増加によって打ち消されている。
<訳註>
2000年における報告についてはこちらをご参照下さい。
WER: 2001.12.07 / Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2001.12.17

関連サイト