Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2002 > 検査室における髄膜炎菌症 合衆国 2000年
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2002/02/22

検査室における髄膜炎菌症 合衆国 2000年

February 22, 2002 Vol. 51 No. 7
Laboratory-Acquired Meningococcal Disease — United States, 2000の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5107.pdf
髄膜炎菌Neisseria meningitidisは米国の若年層における細菌性髄膜炎と敗血症の主な原因菌である。通常ヒトの鼻咽腔からのエアロゾルや分泌物に接触することにより伝播する。病院の細菌検査室において分離されることが通例であるが、それが検査室内感染を発生させたという報告は少ない。本報告は検査室内感染による髄膜炎菌症と思われる死亡例を2つ記述する。髄膜炎菌の分離培養株は検査技師がエアロゾルや飛沫に曝露しないよう注意して取り扱うべきである。
<訳註>
より広範囲に髄膜炎菌による検査室内感染がどの程度発生しているかについて調査が開始されています。
MMWR:2002.02.22/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2002.02.27

関連サイト