What's New

2005年HOME


●2011年

●2010年

●2009年

●2008年

●2007年

●2006年

●2005年

●2004年

●2003年

●2002年

●2001年

●2000年

●1999年

●1998年
●2003.12.22
EURO UPDATE Euroserveillanceの12月18日号が、、輸血に関連する新変異型クロイツフェルトヤコブ病の可能性について報告しました。


●2003.12.15
EURO UPDATE Euroserveillanceの12月11日号が、イングランド主席医療官による医療関連感染対策方針について報告しました。

2003年12月13日(土)に行われました「Y's Seminar 第1回 病院感染と消毒のセミナー」は、盛況のうちに無事終了いたしました。ご来場いただきまして誠にありがとうございました。


●2003.12.08
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「風疹とムンプス」を掲載いたしました。

US UPDATE MMWRの12月5日号が、同種組織移植後の侵襲性化膿レンサ球菌について報告しました。


●2003.12.02
12月9日(火)午前1時より午前8時まで、WebサーバーメンテナンスのためY's Squareへのアクセスが行えなくなります。ご不便をおかけいたしますがご容赦下さい。


●2003.11.11
感染症予防法の改正の施行に伴い、Point:病院感染対策のポイント内、NOTE 1 感染症予防法などの法的制度についてを改訂しました。


●2003.11.05
感染症予防法の改正の施行に伴い、Y'S INFORMATIONDispatch 最近の話題の、「感染症予防法の改正について(前編)感染症予防法の改正について(後編)」を改訂いたしました。


●2003.11.04
US UPDATE MMWRの10月31日号が、SARS流行時の検疫的措置の有効性について報告しました。


●2003.10.27
WHO UPDATE WERの10月24日号が、WERの10月24日号が、WHOがSARSに関する疫学的合意文書を発行したことを報告しました。


●2003.10.20
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「感染症予防法の改正について(前編)感染症予防法の改正について(後編)」を掲載いたしました。

US UPDATE MMWR10月17日号が、中国広東省の動物商におけるSARS関連コロナウイルスIgG抗体の検出頻度について報告しました。

WHO UPDATE WERの10月17日号が、香港における不適切な配管システムによるSARS伝播の可能性について報告しました。


●2003.10.14
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「ヒゼンダニとケジラミについて」を掲載いたしました。

US UPDATE MMWR10月3日号が、SARSとインフルエンザワクチンについて報告しました。

UK UPDATE CDR Weeklyの10月2日号が、Clostridium difficile関連疾病のサーベーランスについて報告しました。


●2003.10.06
Y's Seminar第1回「病院感染と消毒セミナー」はお申込を多数いただき、受け付けを終了させていただきました。ありがとうございました。


●2003.10.01
News!
Y's Seminar第1回 「病院感染と消毒セミナー」開催!

Y's Seminar 第1回 病院感染と消毒のセミナーを2003年12月13日(土)コクヨホール(東京都港区)において開催いたします。プログラムの詳細についてはこちらのpdfファイルをご覧ください。
10月6日追記:Y's Seminarはお申込を多数いただき、受け付けを終了させていただきました。ありがとうございました。

また本セミナーに関するお問い合わせは電子メールにて承っております。club@yoshida-pharm.co.jpへお問い合わせください。


●2003.09.30
US UPDATE MMWRの9月26日号が、外来施設におけるB型・C型肝炎の伝播について報告しました。

また、EURO UPDATE Euroserveillanceの9月25日号が、シンガポールでのSARS事例とバイオセーフティーについて報告しました。


●2003.09.16
EURO UPDATE Euroserveillanceの9月11日号が、シンガポールにおけるSARS確認例について報告しました。また、同号にてWHOのSARS警戒策としてのインフルエンザワクチン接種勧告についても報告しました。


●2003.09.08
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「ウイルスによる感染性胃腸炎について」を掲載いたしました。


●2003.08.25
US UPDATE MMWRの8月22日号が、米国の競技スポーツ選手におけるMRSA感染について報告しました。

また、EURO UPDATE Euroserveillanceの8月21日号が、WHOの新しいSARS警戒・監視体制の勧告について報告しました。


●2003.08.04
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「細菌による感染性胃腸炎について」を掲載いたしました。


●2003.07.28
US UPDATE MMWRの7月25日号が、台湾における重症急性呼吸器症候群伝播予防のための検疫の使用について報告しました。

また、EURO UPDATE Euroserveillanceの7月24日号が、欧州疾病予防管理センター設立の提案について報告しました。


●2003.07.22
EURO UPDATE Euroserveillanceの7月17日号が、欧州におけるエビアンインフルエンザ集団発生の終息を報告しました。


●2003.07.07
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題にSARSに関する最新情報を掲載しました。

下記のリンクからご覧下さい。
http://www.yoshida-pharm.com/information/index.html

また、同じく Dispatch 最近の話題に、「ウイルス性結膜炎」を掲載いたしました。


●2003.06.30
Y'S INFORMATIONGuideline in Japanの「エビデンスに基づいた感染制御」を改定しました。

DH Guidelineに「感染管理:プライマリケアとコミュニティーケアにおける医療関連感染の予防」を追加しました。


●2003.06.27
学術情報誌"Carlisle" Vol8. Suppl.6 、「対談・SARSをめぐる話題」を、 関係者の了解を得て全文転載いたしました。
対談者:
川名明彦先生 (国立国際医療センター呼吸器科病棟医長)
小林寛伊先生 (NTT東日本関東病院名誉院長)


●2003.06.26
EURO UPDATE Euroserveillanceの7月17日号が、欧州におけるエビアンインフルエンザ集団発生の終息を報告しました。


●2003.06.26
カーライルVol. 8 No.2」の一部を転載いたしました。


●2003.06.16
US UPDATE MMWRの6月13日号が、トロントにおけるSARSの集団感染再発について報告しました。また、米国におけるサル痘の集団感染について報告しました。

UK UPDATE CDR Weeklyの6月12日号が、英国における義務的な医療関連感染サーベーランスの対象拡大について報告しました。


●2003.06.09
CDC Guidelines CDCが1985年に発行した「手洗い・病院環境管理のためのガイドライン」を一部改訂した、「医療施設における環境感染管理のためのガイドライン(2003)」の紹介を掲載しました。あわせて、「手洗い・病院環境管理のためのガイドライン」の紹介を一部訂正しました。


●2003.06.02
WHO UPDATE WERの5月30日号が、フィリピンにおけるSARSの集団発生について報告しました。


●2003.05.29
Y's Letter No.16「アルコール系消毒薬について」の濃度表示の一部に若干不正確な部分がありましたので、訂正版を掲載いたしました。心からお詫び申し上げます。


●2003.05.26
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「重症急性呼吸器症候群(SARS)について」を掲載いたしました。

WHO UPDATE WERの5月23日号が、SARSに関して最新状況を報告しました。


●2003.05.22
5月22日夕刻より5月23日午前9時15分まで、弊社のメンテナンスミスによりY'S INFORMATION Dispatch 最近の話題、SARSに関する5月11日〜5月17日の新着情報へのアクセスができなくなっておりました。大変失礼いたしました。現在は復旧しておりますので下のURLよりご参照ください。
http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/dispatch26.html


●2003.05.19
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、SARSに関する5月11日〜5月17日の新着情報を掲載しました。

下記のリンクからご覧下さい。
http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/dispatch26.html

WHO UPDATE WERの5月16日号が、SARSに関して最新状況を報告しました。

EURO UPDATE Euroserveillanceの5月15日号が、オランダのエビアンインフルエンザがドイツのトリへ伝播したことを報告しました。


●2003.05.12
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、SARSに関する5月6日〜5月10日の新着情報を掲載しました。

下記のリンクからご覧下さい。
http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/dispatch25.html


●2003.05.06
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、SARSに関する4月27日〜5月5日の新着情報を掲載しました。

下記のリンクからご覧下さい。
http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/dispatch24.html

Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「皮膚常在菌について」を掲載いたしました。


●2003.04.28
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、SARSに関する4月20日〜26日の新着情報を掲載しました。

下記のリンクからご覧下さい。
http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/dispatch22.html

EURO UPDATE Euroserveillanceの4月24日号が、オランダでエビアンインフルエンザウイルスA(H7N7)型によるヒト死亡例が発生したことを報告しました。


●2003.04.24
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題の、Dispatch20とDispatch_20030414.pdfを削除いたしました。また、Dispatch21内、Dispatch_20030421.pdfの「上海」を「山西省」に訂正いたしました。


●2003.04.23
会社案内を更新しました。


●2003.04.21
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、SARSに関する4月13日〜19日の新着情報を掲載しました。また、2月14日〜4月19日の情報をまとめ直したDispatch 2003.04.21「最新情報:重症急性呼吸器症候群(SARS)」をPDF版にて掲載しました。

下記のリンクからご覧下さい。
http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/dispatch21.html


●2003.04.14
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、重症急性呼吸器症候群(SARS)について、4月12日までの情報を病院感染対策の観点からまとめました。


●2003.04.07
WHO UPDATE WERの4月4日号が、重症急性呼吸器症候群伝播地域からの渡航者のための措置勧告などを報告しました。

UK UPDATE CDR Weeklyの4月3日号が、イングランドとウェールズにおいてPHLSなどを改組した組織である健康保護局(HPA)が2003年4月1日に運営を開始したことを報告しました。

US UPDATE MMWRの4月4日号が、抗体陰性の臓器・組織提供者からのC型肝炎ウイルス伝播について報告しました。


●2003.04.03
New Corner ! Y's English
おかげさまでY's Squareは、開設5周年を迎えました。記念に「Y's English:感 染管理担当者のための英文読解ガイド」のコーナーをLibrary内に設けました。今後 とも内容の充実に努めてまいりますので、ご愛顧をお願い申し上げます。


●2003.03.31
カーライルVol. 8 No.1」の一部を転載いたしました。

WHO UPDATE WERの3月28日号が、重症急性呼吸器症候群の集団発生についてさらに続報しました。


●2003.03.26
WHO UPDATE WERの3月21日号(Y's Square掲載3月24日)の「重症急性呼吸器症候群の集団発生」について、米国CDCの見解を追記しました。
who/2003/030321.htmをご参照ください。


●2003.03.24
WHO UPDATE WERの3月21日号が、重症急性呼吸器症候群の集団発生について続報しました。


●2003.03.18
WHO UPDATE WERの3月14日号(Y's Square掲載3月17日)の「中国、香港、ベトナムにおける急性呼吸器症候群」の訳注を訂正しました。
who/2003/030314.htmをご参照ください。


●2003.03.17
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「アルコール系消毒薬について」を掲載いたしました。

WHO UPDATE WERの3月14日号が、中国、香港、ベトナムにおける急性呼吸器症候群の集団発生について報告しました。


●2003.03.05
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「バイオテロリズムに対する病院感染対策(追補)を掲載いたしました。


●2003.03.04
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「バイオテロリズムに対する病院感染対策(前編)同(後編)」を掲載いたしました。

Y's Text 消毒薬テキスト のIII-1-2)-(2)衛生的手洗い及びIII-1-2)-(3)手術時手洗いをCDCの「医療機関における手指衛生のためのガイドライン(2002)」の改訂に伴い改訂しました。


●2003.03.03
WHO UPDATE WERの2月28日号が、2003年香港におけるインフルエンザウイルスA(H5N1)型感染の2例目について報告しました。また、2003年-2004年インフルエンザシーズンのためのワクチン組成推奨について報告しました。

Point:病院感染対策のポイント内、NOTE 2 ワクチンによる免疫化などについての表14「日本と米国における免疫化制度と勧告」に誤りがあり、次のように訂正いたしました。
・ペストの行をすべて削除
・百日咳の行、米国・一般人の列に「小児」を追加


●2003.02.24
WHO UPDATE WERの2月21日号が、香港におけるインフルエンザウイルスA(H5N1)型による感染の再発生について報告しました。


●2003.02.12
US UPDATE MMWRの2月7日号が、米国カリフォルニア州における市井関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌による皮膚感染の集団発生について報告しました。


●2003.02.07
Y's Square Renewal!!
新しいコンテンツを加え、さらにパワーアップいたしました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

Y's Squareに加わったNEWコンテンツは

>>Point:病院感染対策のポイント

感染制御における科学的な予防策の要点と論点について述べた「病院感染対策のポイント」(著者:NTT東日本関東病院 名誉院長 小林 寛伊 先生、NTT西日本東海病院 外科部長 大久保 憲 先生ほか、発行:協和企画、ISBN4−87794−043−X C3047)の全文を転載しました(表の一部を除く)。


●2003.02.03
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「肺炎球菌とインフルエンザ菌」を掲載いたしました。


●2003.01.29
カーライルVol. 7 No.4」の一部を転載いたしました。


●2003.01.27
旧年中は大変お世話になりました。
本年もご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

US UPDATE MMWRの1月24日号が、米国の老人施設などにおけるノロウイルス(以前はノーウォーク様ウイルスまたは小型球形ウイルス)による急性胃腸炎集団発生の増加について報告しました。