Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 感染症対策速報(Dispatch) > 2003 > 最新情報4:重症急性呼吸器症候群(SARS)
Dispatch
感染症対策速報
2003/05/12

最新情報4:重症急性呼吸器症候群(SARS)

2003.05.12

重症急性呼吸器症候群(SARS) に関する5月6日~5月10日の主な情報は以下のとおりです。

  • JAMAが5月6日、カナダにおけるSARS144症例の臨床経過に関する報告を電子版として掲載しました1)
  • The Lancetの5月7日電子版に、致死率、潜伏期間などSARS症例における疫学的データの報告が掲載されました2)
  • WHOは5月7日、それまでのデータに基づく推計値として、SARSの致死率は14~15%であり、潜伏期間は最大10日間であることを報告しました3)。それによると年齢別の致死率は24歳以下:1%未満、25~44歳:6%、45~64歳:15%、65歳以上:50%超とのことです。
  • MMWR(CDC)とWER(WHO)はそれぞれ5月9日号で、シンガポールにおけるsuper spreader(大量拡散者)5例の詳細とシンガポール政府による厳重な国内検疫体制に関する報告を掲載しました4)5)
  • The Lancetの5月9日電子版に、臨床経過とウイルス量の報告が掲載されました6)。それによるとウイルス量は10日目にピークとなるとのことです。
  • 上記の他、The Lancetの5月10日号にはSARS virusにおける遺伝子変異、SARS治療法のプロトコル例示などの報告が掲載されています。
    http://www.thelancet.com/journal/vol361/iss9369/contents
  • SARS集団発生のあった香港の集合住宅で、小動物の糞からSARSウイルスが検出されたとの報道があります7)

<行政情報・統計>

  • 厚生労働省は5月2日、4月4日通知による「SARSの所見がある者」に加えてその他のSARS可能性例についても「SARSの所見がある者」として知事から厚生労働大臣への通報対象(新感染症)としました8)
  • WHOは5月8日、中国の天津、内モンゴルと台北について、重要でない渡航の延期を勧告しました9)
  • 外務省は5月8日付で、中国天津市、内モンゴル自治区と台湾についての危険情報を「渡航の是非を検討して下さい」に引き上げ、フィリピンについて「十分注意して下さい」との危険情報を発出しました10)
  • 厚生労働省は5月8日付で、SARS疑い例及び可能性例の届出のための症例定義を改訂し、可能性例の症例定義に「SARS疑い例のうち、SARSコロナウイルス検査の一つ又はそれ以上で陽性となった者」を追加しました11)
  • 厚生労働省は5月9日付で、SARS virusの消毒法について通知しました12)。消毒用エタノール、70v/v%イソプロパノール、速乾性手指消毒薬、1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム、10%ポビドンヨード、2~3.5%グルタラール、0.3%過酢酸、80℃10分熱水などが例示されています。これらのうち10%ポビドンヨードは環境消毒には適しません。また、セミクリティカル器具について通常通り0.55%フタラールで消毒することは可能と思われます。
  • WHOは5月10日現在、伝播地域(Areas with recent local transmission)以下のように指定しています13)。Aは輸入例の直接近接者にのみ伝播、Bは知られている近接者のみに伝播、Cは知られている近接者以外にも伝播を示しています。
    A: なし
    B: トロント、シンガポール、マニラ
    C: 北京*、広東*、香港*、山西*、台北*
    不明: 内モンゴル*、天津*
    * 重要でない渡航の延期勧告がWHOより出ている地域

  • 外務省は5月10日現在、以下の危険情報を出しています10)
    「渡航の是非を検討して下さい」 - 香港、広東省、北京市、山西省、天津市、内モンゴル自治区、台湾
    「十分注意して下さい」 - 中国全土、マカオ、シンガポール、トロント、ウランバートル市、フィリピン
  • 5月10日にWHOが報告したSARS症例累積数(可能性例)は30カ国からの7296例で、526例が死亡、3087例が既に回復と報告されています14)。厚生労働省の5月9日17時の公表では、日本の疑い例はこれまでに全例が否定されています15)

5月5日までの情報については、下記リンクをご覧下さい。
http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/dispatch24.html

<参考>

  1. Booth CM, Matukas LM, Tomlinson GA, et al: Clinical Features and Short-term Outcomes of 144 Patients With SARS in the Greater Toronto Area. JAMA 2003;289:electric publication on May 6, 2003 at
    http://jama.ama-assn.org/cgi/reprint/289.21.JOC30885v1.pdf
  2. Donnelly CA, Ghani AC, Leung GM, et al: Epidemiological determinants of spread of causal agent of severe acute respiratory syndrome in Hong Kong. Lancet 2003:electric publication on May 7, 2003 at
    http://image.thelancet.com/extras/03art4453web.pdf
  3. WHO: Update 49 – SARS case fatality ratio, incubation period, 7 May 2003. WHO internet publication on May 7, 2003 at
    http://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_05_07a/en/
  4. CDC: Severe Acute Respiratory Syndrome – Singapore, 2003. MMWR 2003;52:405-411.
    http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5218.pdf
  5. WHO: Severe Acute Respiratory Syndrome – Singapore, 2003. WER 2003;78:157-162.
    http://www.who.int/wer/pdf/2003/wer7819.pdf
  6. Peiris JSM, Chu CM, Cheng VCC, et al: Clinical progression and viral load in a community outbreak of coronavirus-associated SARS pneumonia: a prospective study. Lancet 2003:electric publication on May 9, 2003 at
    http://image.thelancet.com/extras/03art4432web.pdf
  7. 朝日新聞、2003年5月8日、インターネット速報版.
    http://www.asahi.com/special/sars/TKY200305080220.html
  8. 厚生労働省健康局結核感染症課長.香港等における原因不明の「重症急性呼吸器症候群」の集団発生に伴う対応について(第11報)、健感発第0502001号、平成15年5月2日.2003年.
    http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1b27.html
  9. WHO: Update 50 – WHO extends its SARS-related travel advice to Tianjin, Inner Mongolia and Taipei in China, 8 May 2003. WHO internet publication on May 8, 2003
    http://www.who.int/csr/sarsarchive/2003_05_08/en/
  10. 外務省.海外安全ホームページ.外務省インターネット公開資料(2003年5月11日10時現在)
    http://www.pubanzen.mofa.go.jp/
  11. 厚生労働省健康局結核感染症課長.症例定義の改正とそれに伴うSARSコロナウイルスの行政検査の実施等について(SARS対策第13報)、健感発第0508002号、平成15年5月8日.2003.
    http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1b30.html
  12. 厚生労働省医薬局安全対策課長.原因不明の「重症急性呼吸器症候群」による院内感染防止対策の徹底について、医薬安発第0509001号、平成15年5月9日.2003.
    http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1b31.html
  13. WHO: Areas with recent local transmission of Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS), 10 May 2003. WHO internet publication on May 10, 2003 at
    http://www.who.int/csr/sarsareas/2003_05_10/en/
  14. WHO: Cumulative Number of Reported Probable Cases of Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS), From: 1 Nov 2002 To: 10 May 2003, 18:00 GMT+2. WHO internet publication on May 10, 2003 at
    http://www.who.int/csr/sarscountry/2003_05_10/en/
  15. 厚生労働省:我が国における「重症急性呼吸器症候群(SARS)」の疑い例等の報告状況(5月9日17時現在).厚生労働省インターネット公開資料
    http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1c.html
2003.05.12 Yoshida Pharmaceutical Co.,Ltd.

関連サイト