Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 感染管理担当者のための英文読解ガイド(Y’s English) > Article 7
Y’s English
感染管理担当者のための英文読解ガイド
Article 7

Recommendations for Preventing Transmission of Infections Among Chronic Hemodialysis Patients
MMWR April 27, 2001 / Vol. 50 / No. RR-5, extract*
慢性血液透析患者における感染伝播の予防のための勧告
MMWR、2001年4月27日発行50巻RR-5号、抜粋**

英文

HBV is transmitted by percutaneous (i.e., puncture through the skin) or permucosal (i.e., direct contact with mucous membranes) exposure to infectious blood or to body fluids that contain blood, and the chronically infected person is central to the epidemiology of HBV transmission. All HBsAg-positive persons are infectious, but those who are also positive for hepatitis B e antigen (HBeAg) circulate HBV at high titers in their blood (10^8–9 virions/mL) (26,27). With virus titers in blood this high, body fluids containing serum or blood also can contain high levels of HBV and are potentially infectious. Furthermore, HBV at titers of 10^2–3 virions/mL can be present on environmental surfaces in the absence of any visible blood and still result in transmission (28,29).

邦訳と解説

この英文は米国CDCの血液透析における感染予防ガイドラインから、HBVに関する部分(P3)を抜粋したものです。 なおここで10^8–9は10の8~9乗の意味です。通常は10の右肩上に小さく”8–9″と表記されます。

Sentence 1
HBV is transmitted by percutaneous (i.e., puncture through the skin) or permucosal (i.e., direct contact with mucous membranes) exposure to infectious blood or to body fluids that contain blood, and the chronically infected person is central to the epidemiology of HBV transmission.
 
HBVは感染性のある血液または血液を含む体液への経皮的曝露(皮膚穿刺など)や経粘膜的曝露(粘膜への直接接触)により伝播する。慢性的な感染者がHBV伝播の疫学上の中心となる存在である。

percutaneous:経皮的

puncture:穴が開くこと、針刺し、穿刺

permucosal:経粘膜的

mucous membranes:粘膜

exposure:曝露

body fluid:体液

chronical:慢性的な

epidemiology:疫学

針刺しなどの無い健常皮膚からHBVが体内に侵入することはありませんが、粘膜は健常であってもHBVの侵入経路となりえます。HBV感染は多くの場合一過性感染ですが、母子感染などによりHBVに持続感染し、慢性となる場合もあります。なお、手袋に穴が開くこともpunctureと言います。

Sentence 2
All HBsAg-positive persons are infectious, but those who are also positive for hepatitis B e antigen (HBeAg) circulate HBV at high titers in their blood (10^8–9 virions/mL) (26,27).
 
すべてのHBs抗原陽性者には感染性があるが、HBe抗原も陽性である人は血液中において高濃度(1ミリリットル当り10の8~9乗個)のHBVが循環している。

infectious:感染性の

hepatitis B s antigen (HBsAg):HBs抗原

hepatitis B e antigen (HBeAg):HBe抗原

titer:タイター、力価、滴定量・・・測定量、濃度

virion:ウイルス粒子

virionは通常、ウイルスの感染性を持つ完全な粒子、つまりウイルス本体を指します。ウイルス粒子ではなくウイルスの構成要素、例えばHBs抗原が検出されることもあります。

Sentence 3
With virus titers in blood this high, body fluids containing serum or blood also can contain high levels of HBV and are potentially infectious.
 
血中のウイルス濃度がこれほど高い場合、血清または血液を含む体液も高レベルのHBVを含有することがあり、感染性をもったものになりうる。

serum:血清

# 文法アドバイス
With virus titers in blood this highのwithは付帯状況を表しています。
 
文法的に解説すると、この句はWith virus titers in blood being this highのbeingが省略された 独立分詞構文に前置詞のwithがついたものです。つまりこの句の中には意味の上で主語であるvirus titersと、省略された現在分詞beingが含まれています。以下、分詞構文について少し説明します。
 
現在分詞や過去分詞が導く句が、例えば次のように副詞句の働きをすることがあります。これを分詞構文と言います。ここでは現在分詞の例で説明しましょう。
 
Singing a song, she gave chocolates to the children.
「彼女は歌を歌いながら、その子供たちにチョコレートを与えた」
 
この場合、歌を歌ったのも、子供にチョコレートを与えたのもsheで、分詞Singingの意味上の主語と文の主語とが一致しています。ところが、分詞構文の主語が文の主語と一致しないことがあり、その場合には原則として次のように分詞の直前に意味上の主語を置いて明示します。これを独立分詞構文と言います。
 
Her sisters singing a song, she gave chocolates to the children.
「彼女の姉妹たちが歌を歌うかたわらで、彼女はその子供たちにチョコレートを与えた」
 
これは次のようにwithを付けてもほぼ同様の意味です。
 
With her sisters singing a song, she gave chocolates to the children.
Sentence 4
urthermore, HBV at titers of 10^2–3 virions/mL can be present on environmental surfaces in the absence of any visible blood and still result in transmission (28,29).
 
さらに、目に見えるほどの血液が無くても、1ミリリットル当り10の2~3乗個の濃度のHBVが環境表面に存在することがあり、それもやはり伝播をもたらすことがある。
☆ステップアップのためのヒント☆
PubMedで文献(29)を調べてみましょう。
 
(29) Bond WW, Favero MS, Petersen NJ, Gravelle CR, Ebert JW, Maynard JE: Survival of hepatitis B virus after drying and storage for one week. Lancet 1981;1(8219):550-551. [PubMed]
 
書誌は閲覧できますが、Summaryが表示されません。Lancetのホームページ(http://www.thelancet.com/)には 近年の多くの掲載文献の全文が無料または有料で掲載されていますが、この論文はそれほど近年のものではないため、Summaryも全文も 掲載されていません。なお、ごく最近の論文閲覧を有料とし、それ以外の近年の論文閲覧を無料としている発行元もあります。
 
このようにインターネット上で閲覧ができない場合には、その医学英語雑誌を所蔵している図書館を利用することになりますが、そのような図書館が身近に無い場合や時間が取れない場合には、郵送などによる文献複写サービスを有料で行っている機関に依頼する方法もあります。
 
科学技術振興事業団(JST)はインターネットによる受付も行っており、初めての場合でもすぐに申し込みができます(http://pr.jst.go.jp/copy_s/copy2.html)。
 
さて、文献(29)によると、HBVが乾燥表面で少なくとも7日間は感染性を保持できることが、チンパンジー感染実験で確認されています。

Prev | Return | Next

2003.04.03 Yoshida Pharmaceutical Co.,Ltd.

関連サイト